UAPレポート

税理士法人UAPでは『UAPレポート』として、
最新の税制改正の動向等、実務に役立つトピックスをお届けしています。

最新のUAPレポート

  • 相続時精算課税~特定贈与者が複数の場合の110万円の基礎控除の取り扱い

     2023年度の税制改正で贈与税制が大きく見直され、暦年贈与が課税強化される一方、選択制の相続時精算課税の使い勝手は良くなります。

    続きを読む
  • マンションの相続税評価はどのように改正されるのか?
    ~令和5年度税制改正大綱を受けて~ 

     令和5年度税制改正大綱によると、マンションの相続税評価について、市場での売買価格と相続税評価額とが大きく乖離しているケースが見られると現状認識した上で、その評価方法について適正化を検討する、とあります。新聞報道でも、2023年に有識者会議を設置して価格の乖離の現状を分析し、早ければ2023年中にも財産評価基本通達を改正する可能性があるとありました(2022年11月30日付日本経済新聞)。それでは具体的にはどのように改正されるのでしょうか。全くの私見ですが、改正内容を2通り推測してみます。

    続きを読む
  • 暦年贈与は生前贈与加算期間を延長の上存続か~贈与税改革の方向性が明確に~

     令和4年11月8日、「相続税・贈与税に関する専門家会合」は、同日行われた政府税制調査会において、「資産移転の時期の選択により中立的な税制の構築に向けた論点整理」を報告しました。この専門家会合は、資産移転の時期の選択に中立的な税制の構築などに向けた相続税・贈与税のあり方について、今後の同調査会総会における議論の素材を整理するために設置されたものです。

    続きを読む
  • 雑所得の範囲の明確化 300万円基準から帳簿書類の保存基準へ通達修正

     先のUAPレポートでお伝えしたとおり、雑所得の範囲を明確化する所得税基本通達の改正案がパブリックコメントにかけられていましたが、2022年10月7日に意見公募の結果が公表され、「収入金額が300万円を超えない場合には、特に反証のない限り、業務に係る雑所得」とする取り扱いが修正され、「その所得に係る取引を記録した帳簿書類の保存がない場合(その所得に係る収入金額が300万円を超え、かつ、事業所得と認められる事実がある場合を除く。)には、業務に係る雑所得に該当する」こととされました。

    続きを読む

ページトップへ